東歯科医院

インフォメーション

2021年01月26日

イベント&研修情報

少しだけ見えている横向きの親知らずを抜く! 半埋伏智歯の抜歯が特に難しい理由

「歯を抜きましょう」と歯科医師から言われて不安にならない人は少ないはず。
更にその歯が親知らずで、斜めになっている状態だったら心配はより大きなものになるはずです。

斜めになっていて歯の頭が少ししか見えていないのをどうやって抜くのだろう?
普通の抜歯より痛いのかな?
ちゃんと抜けるのかな?

など、考えるといろいろな疑問が出てくるのも当然です。

歯を抜く場合、最初にレントゲンで歯や骨の状態を確認し、問診によって服用している薬や既往歴の有無や健康状態の確認など、様々なことを考慮して歯科医師は抜歯を判断します。

本来抜歯は「外科的な手術」であり簡単な処置ではありません。
特に親知らずの抜歯は骨の密度が高く硬い下の顎の歯の方が難しいとされています。

さらに親知らずの根の先端付近には神経を伴う血管があり傷をつけてしまうと後遺症が残ることもあるので、CT撮影で歯の周りの状態を多角的に確認することが必要です。

どの歯科医師も抜歯を通常行っていますが、このようなことからも、親知らずの抜歯は経験の豊富な口腔外科での歯科医師によって慎重に進められることも多いのです。

抜歯後の痛みや腫れも歯科医の経験の差が少なからずあるようですので、HPで歯科医院の評判やCT撮影を行っているかなどを調べてみるのがおススメです。

では、難易度の高い下の顎の横向きの親知らずの抜歯について、以下の記事でくわしくお話していきましょう。

少しだけ見えている横向きの親知らずを抜く! 半埋伏智歯の抜歯が特に難しい理由