東歯科医院

インフォメーション

2021年01月12日

イベント&研修情報

患者さんに知ってほしい コロナ緊急事態宣言中の歯科医院で行っている7つの対策

今回、ふたたび緊急事態宣言が発令されました。

新型コロナウイルスの感染経路として飛沫感染が重要視されていることで、直接口腔内を治療する歯科医院は、医療の中でも感染リスクが高いと考えられ、昨年の緊急事態宣言前後は患者さんから治療の予約変更や定期メインテナンスの延期を希望する連絡がありました。

しかし、もともと歯科医院ではスタンダードプリコーションという院内感染対策があり、新型コロナウイルスが流行する以前より、患者間や医療従事者からの交差感染等の対策を行いながら診療を行っています。
新型コロナウイルス流行後には、それにプラスして更に重点的に飛沫感染に対する対策を行ってきております。

その対策について下記にリンクにてまとめました。
ぜひご覧ください。

患者さんに知ってほしい コロナ緊急事態宣言中の歯科医院で行っている7つの対策

現在のコロナ禍で、歯科の受診を迷われる方もたくさんいらっしゃると思います。

ですが、新型コロナウイルスに対してスタッフ皆対策をし、患者様をお迎えしています。

お口の中で心配ごとがある患者様、ご自身にコロナウイルス感染症の疑いが無いようでしたら、迷わず受診ください。